祥野獣一の日々の記録


by show_no_11
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

「アマルフィ 女神の報酬」

★★☆☆☆

フジテレビ開局50周年、フジテレビ史上最高額の製作費。

と謳った作品だが駄作と言わざるを得ない。

諸事情によりイタリア語部分の字幕が出ないという状況で見た。
仮にイタリア語を理解できたとしても★は増えないと思う。

豪華キャスト、サラ・ブライトマン本人役で出演、全編イタリアロケ。
話題ばかりが先行してしまった典型的な悪例だ。
これだけ金かけてこんなもんじゃ、がっかりです。

原作者が「自分の台本だと思われたくない」と言ったとか言わないとか。
それが真実かどうかはわかりませんがね。

でもその意味はわかる(苦笑

台本の問題か演出の問題か、はたまたその両方に問題があるのか。

出演者の魅力は生かし切れてないし、役のオチどころとかキャラクターとか何だか全てが中途半端。
ミスキャストに感じる部分もあった。
もったい無い。
バブル全盛期に作られたダメな角川映画みたいだった。

原作はしっかりチェチェン紛争を題材に織り込んでいるらしいので、読んでみようかな、と。



しかし、織田裕二さんは出る映画を選んだ方がいいと思う。
以前「T.R.Y.」という映画に出演していたが、これがまた駄作だった。

原作は非常に面白く、夢中になってページを繰ったものだ。

故に映画化には過多に期待した。
渡辺謙さんらこれまた豪華なキャスト陣だったのだが、今回と同じような感想を抱いた。

残念でならない。



今夏、「踊る大捜査線 THE MOVIE 3」が公開されるそうだが、くれぐれも本作のような作品にならないことを切に願う。
[PR]
by sin1_s | 2010-01-23 21:20 | Movie Room