祥野獣一の日々の記録


by show_no_11
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

タッチだからこそ“親指文化"にもこだわった――「AQUOSケータイ FULLTOUCH 931SH」誕生秘話

c0047113_112461.jpg

世界最大クラスとなるハーフXGA(480×1024ピクセル)の3.8インチディスプレイが目を引く「AQUOSケータイ FULLTOUCH 931SH」。タッチパネルとモーションセンサーといった直感的に操作できるデバイスや、「AQUOSケータイ」の名にふさわしい高画質なワンセグも備える。
931SHは、ソフトバンクモバイルの新サービス「モバイルウィジェット」に秋冬モデルで唯一対応しており、待受画面をタッチするだけで多彩なアプリケーションを呼び出せる。このほか、5.2MピクセルカメラやGPS、世界対応ケータイ、Bluetoothなど、ソフトバンクモバイルの主要サービスや機能をほぼ完備する。




ソフトバンクモバイルとシャープの“本気度"が伝わってくる931SHは、どのような狙いで開発されたのだろうか。また、iPhone 3Gをはじめとする“タッチパネルケータイ"と、どのような差別化を図ったのだろうか。シャープ 通信システム事業本部 パーソナル通信第二事業部商品企画部の澤近京一郎氏に話を聞いた。
●ハーフXGA液晶を採用した理由
澤近氏は、「大画面でWebを中心としたアプリケーションを楽しく使えるようなケータイにしたかった」と、931SHの開発意図を振り返る。
「携帯電話の販売方式が変わって“2年縛り"が当たり前になり、“0円端末"のような安価なモデルを求める人と、高価なハイエンドモデルを求める人という2極化が起こりつつあります。2年間継続して1機種を使わないといけないので、高いスペックを求めるユーザーさんが多いのは事実です。
孫社長もおっしゃっていましたが、2年後のケータイを想像すると、まずインターネットに注目すべきだと考えます。そこで、新しいデバイスを使ってより楽しくケータイを使っていただけるよう、『タッチパネルWebケータイ』というコンセプトを掲げました。中でも最重要視したのが、このコンセプトを実現する大画面液晶です」(澤近氏)
こうして採用されたのが、ケータイでは世界最大クラスとなるハーフXGAサイズ(480×1024ピクセル)の3.8インチ液晶だ。
「最近のPC向けWebサイトの解像度は、XGAサイズ(1024×768ピクセル)が当たり前になっています。しかしこれまでのケータイの縦の解像度は854ピクセルしかないので、PCサイトはフォントを小さくしたり、レイアウトを崩す形で表示してきました。そこで、横スクロールせず、かつレイアウトを崩さずにPCと同じフォントサイズで表示できるよう、縦の解像度を1024ピクセルに拡大しました」(澤近氏)
この3.8インチのワイドXGA液晶がケータイに搭載されるのは初めて。単にサイズを大きくしたディスプレイを搭載すればいい――というわけにはいかず、苦労が絶えなかったようだ。
「通常、液晶サイズを拡大するとバックライトが暗くムラが出るのできれいに光らなくなります。そこで931SHでは、新しいバックライトシステムを採用しました。従来の機種ではLEDを6灯使っていましたが、今回は7灯に増やしています。
また、931SHはタッチパネルを搭載するので、通常のディスプレイと比べて10%ほど輝度が落ちます。しかし、各LEDの輝度を上げることで、従来の機種に匹敵する明るさを実現できました」(澤近氏)
●部品を見直すことで921SHよりも軽い約130グラムを実現
大型ディスプレイを搭載する際には「本体サイズ」も問題となる。931SHは3.8インチ液晶を搭載したことで本体幅が約52ミリに増したが、極端にサイズアップしたという印象はない。
「931SHのディスプレイは、横480ピクセルがAQUOSケータイ 923SHと同じドットピッチで、縦1024ピクセルが923SHの854ピクセルに170ピクセルを追加したものです。横480ピクセルの解像度をさらに増やすことも可能ですが、本体の横幅が広がってしまうので見送りました。ディスプレイの狭額縁化などで本体に組み込める構造を検討することで、幅を52ミリに抑えられました。これは片手で操作できるギリギリのサイズです」(澤近氏)
「大型ディスプレイ」と「片手で操作できるサイズ」の両立は実現したが、新たに“スライド端末特有の問題"が浮上した。
「大型ディスプレイとタッチパネルを搭載すると、ディスプレイ側が重くなってしまいます。そうなると、『スライドを開けにくい』『文字入力をするときにディスプレイ側が傾いてしまう』という2つの弊害が生じます」(澤近氏)
こうした問題を解消するために、931SHでは、ディスプレイパネルを保護するフレームの素材を変更した。「同じくスライド型のFULLFACE 2 921SHでは、フレームに金属を使っていましたが、931SHではアルミに変更しています。このおかげで約7グラムの軽量化に成功しました。もちろん、ディスプレイの強度は921SHと同等です」(澤近氏)
931SHのスペックを見て驚いたのが、重さが約130グラムしかないこと。921SHの約135グラムよりも5グラム軽く、手にすると思いのほか「軽い」と感じる。これは「フレームの素材を変更したことが大きい」(澤近氏)という。
●タッチパネルの課題は動作の“もっさり"感
「3.8インチハーフXGA液晶」に加えて、「全面タッチパネル」も931SHの大きな注目ポイントだ。2008年7月に発売した「iPhone 3G」をはじめ、2008年秋冬モデルでは、NTTドコモの「F-01A」「N-01A」「HT-02A」「L-01A」、ソフトバンクモバイルの「930SC OMNIA」「Touch Diamond X04HT」「Touch Pro X05HT」など、複数のタッチパネル搭載ケータイが発売された。931SHのタッチパネルにはどんな機能を搭載し、どんな工夫を盛り込んだのだろうか。
「タッチパネルの課題は予想できた」と澤近氏。その最たるものが、「ディスプレイの解像度が高いので、従来機種と同じソフトウェアでは、絶対に動きが“もっさり"すること」だという。
「端末の動作のもっさり感をなくすために、システムを抜本的に見直しました。ハードウェアは923SHや930SHと同じですが、ソフトウェアの作りが全く異なります。表示システムを見直すことで、高速な動作を実現できました」(澤近氏)
さらに、レスポンス向上のためにもう1つ新たな仕組みを取り入れた。それが、ハードウェアとソフトウェアの“役割分担"だ。
「921SHでは、タッチレガードセンサーで入力された信号をソフトウェアだけで解析していましたが、931SHではハードウェアとソフトウェアが一緒に動いています。例えば、タッチパネルでドラッグをする場合、『ドラッグですよ』とハードウェアが判定すれば、ソフトウェアがそれに従って動きます。つまり、判断する部分と動作させる部分で役割分担をしているというわけです。
従来の機種ではソフトウェアが動作の1つ1つを判定してフィードバックをしていたので、反応に時間がかかることがありましたが、今回の改善でかなり速くなったと思います」(澤近氏)
こうした基本動作の高速化を実現できたからこそ、次のステップとしてタッチパネルのレスポンスを高速化できたという。とはいえ、931SHはシャープのソフトバンクモバイル向け端末では初めてタッチパネルを搭載したモデルであり「何もない状態からスタートした」(澤近氏)ため、感度の調整にはかなり苦労したようだ。
「タッチパネルの感度は表示内容ごとに調整しました。例えば、メールやメモ帳などのリスト表示は異なる機能でも感度を統一しています。フリックしたときにどうやって移動して止まるか、何パターンも用意してアンケートを採って、一番心地よい感度に調整しました」(澤近氏)
澤近氏が「予想以上に速くなった」と驚くほど進化したのが、データフォルダの画像表示だ。画像を表示した状態で左右にフリックすると前後の画像に切り替わり、サムネイル画面を上下にフリックするとスクロールする。931SHではこの2つの操作をスムーズに行える。
「商品企画としては画像表示を一番心配していました。タッチパネルは直感的に操作するものなので、これまでの物理キーを使った操作よりも反応速度がよくないと使い勝手が悪くなるだろう、というのは開発当初から話していました」(澤近氏)
●“タッチパネルならでは"の操作方法
タッチパネルの搭載でもう1つこだわったのが、画面の見やすさだ。931SHでは、機能やデータのアイコンを待受画面に貼り付けられる「デスクトップショートカット」を利用できる。「特定の相手に『電話をかける』『SMSを送る』といった細かい動作のショートカットも作れるので、幅広くカスタマイズできます」(澤近氏)
このほか、画面上部のステータスエリアをタッチすると、表示されたアイコンが拡大して未読メールや予定などを確認できる「ステータスタッチ機能」も採用した。「アイコンが増えたため、ユーザーさんから何のアイコンか分からないという声が多数寄せられていました。ステータスタッチ機能では、アイコンの説明をするだけではもったいないので、機能にアクセスできるようにしました」(澤近氏)
タッチパネルをスムーズに操作する上で生きてくるのが、ハーフXGAサイズの3.8インチ液晶だ。タッチパネルは指で押すので、機能アイコンには一定の大きさが必要になるが、3.8インチの大画面なら、ある程度大きなアイコンでも余裕を持って配置できる。「アイコンは指で押しやすい大きさを決めて、ルール化しました」(澤近氏)
また、ディスプレイの縦の解像度が増した分、使い勝手が向上した機能もある。その1つが「キッチンタイマー」だ。931SHのキッチンタイマーには「+10分」「+1分」「+30秒」のアイコンが表示され、各アイコンをタッチするだけで簡単に時間が調整できる。また、1度計測した時間の履歴が画面下部に3件表示されるので、よく計る時間はワンタッチで選択できる。「キッチンタイマーは、インスタントラーメンをよく食べる人に非常に好評です(笑)」(澤近氏)
ブラウザは、1024ピクセルの横幅いっぱいにWebサイトを表示できるのが大きな魅力だが、澤近氏が「ブラウザで一番こだわった」と話すのが「拡大表示」だ。931SHのYahoo!ケータイとPCサイトブラウザでは、目当ての部分をロングタッチ(長押し)すると、その周辺エリアが別ウィンドウに拡大表示される。この操作によって文字が見やすくなるのはもちろん、タッチ操作でもスムーズにリンクを選択できる。
さらに、PCサイトブラウザは、ブラウザのバージョンアップに伴ってスクロール速度が向上した。「これまでの機種は十字キーで少しずつしかスクロールできませんでしたが、ある程度キャッシュにページを読み込むことで、(画面を触る)指に追随する形でスクロールします」(澤近氏)
●リフレクトバリアパネルは非搭載に
画面の見やすさに関連して気になるのが、ディスプレイの耐久性や、指紋などによる汚れだ。「931SHではコーティングを厚めにしているわけではありませんが、指紋が付きにくい保護シールを貼っています。ただし指紋を完全に消すことはできないので、今後の課題ですね。ちなみに、市販の保護シールを貼るとタッチパネルの感度に影響が出るので、推奨はしていません」(澤近氏)
最近のシャープ製端末のディスプレイに採用されていた「リフレクトバリアパネル」は、今回、タッチパネルを搭載することで見送られた。リフレクトバリアパネルは、ディスプレイと保護パネルを密着させることで、太陽光の反射を抑える役割を果たす。
「タッチパネルは液晶から発生するノイズの影響を受けやすいので、液晶と保護パネルを密着させるリフレクトバリアパネルを採用すると、液晶の上にある(タッチパネルの)センサーが反応して誤操作が起きやすくなります。例えば、狙った部分をタッチできない、どこにも触れていないのに動作してしまう、といったことが起こる可能性があります。今回はリフレクトバリアパネルの搭載を見送る代わりに、しっかりタッチできる操作性の実現に注力しました」(澤近氏)
●バッテリー残量を正確に知らせるバッテリーメーター
931SHは大型ディスプレイを備えるだけあり、バッテリーの持ちが気になるが、「基本機能はあらゆる面で省電力対策をしている」(澤近氏)という。
「カタログスペック(W-CDMAエリアの連続待受時間は約340時間)は従来機種と変わらないレベルを達成しましたが、931SHではモバイルウィジェットを利用できるのが大きな違いです。ウィジェットは一定時間通信をするので消費電力が増えますが、ウィジェットごとに更新頻度を設定できるので、ある程度は抑えられると思います」(澤近氏)
省電力に直結するわけではないが、931SHは、バッテリー残量の目安を「%」と時間で表示する「バッテリーメーター」を搭載した。バッテリーメーターの表示で30%を切ると、残量アイコンは「2」、10%を切ると「1」になる。
「これまでのバッテリー残量アイコンは、残り3つと2つの差があいまいでしたが、残量をできるだけ正確に表示するために搭載しました。バッテリーメーターは、リアルタイムに消費電流を計算しながら残量を表示していますが、正確に数字を出しすぎると使う機能などによって急激に残量表示が増減するので、違和感のないよう調整しています。メーターを見て『すごい早さで減っている』という声もいただきましたが、バッテリーの残量を正確に知らせることが重要だと思います」(澤近氏)
●iPhoneが実現した心地よさに、931SHならではの操作性を融合
同じキャリアから発売されたモデルということもあり、931SHはiPhone 3Gと比較されやすい。「iPhone 3Gは画像ビューアーの評価がかなり高かったので、データフォルダの開発スタッフにはかなり発破をかけました」と澤近氏が話すように、多かれ少なかれ、iPhone 3Gを意識して開発をしていたようだ。
もちろん、931SHはiPhoneを目指して開発したわけではなく、「iPhoneが実現した心地よさや快適さ」をうまく融合させることに主眼を置いた。「私たちが目指す日本のケータイでは、心地よさと操作性のよさを両立させたかった」(澤近氏)という考えから、931SHには物理キーを搭載した。iPhone 3Gや930SC、X04HTはダイヤルキーのない全面タッチパネルを採用したが、「日本人が使うケータイにはダイヤルキーは必須」というのがシャープの考えだ。
「親指だけでタッチパネルを入力できて、物理キー並みの操作性を実現できれば、タッチパネルのみの形状もありでしょう。ただ、現状では物理キーの操作性がベストだと考えています」(澤近氏)
澤近氏が「日本のケータイには“親指文化"や“メール文化"があるので、物理キーは従来モデル以上にこだわって開発しました」と話すように、931SHではタッチパネルだけでなく、物理キーでも快適に操作できるよう工夫を施した。
931SHでは、スライドの移動量が「921SHの57.5ミリよりも2.5ミリ長い60ミリに伸びている」(澤近氏)という。これにより、ダイヤルキー側の面積が増え、「各キーのサイズを大きくできた」「一番下のダイヤルキーを、より上に設置できた」という2つのメリットが生まれた。さらに、各キー列にU字型のラインを施した「アークリッジスリムキー」を採用し、押しやすい形状にもしている。
「一般的に一番下のキーが最も打ちにくいのですが、931SHでは下段のキーをより上に設置することで、打ちやすくなりました。キーの位置はコンマ数ミリ違っても人間の手では分かります。実際に触った人から『キーが打ちやすくなった』という声はよく聞きます。キーの『大きさ』『位置』『形状』を工夫したことで、従来モデル(921SH)よりも圧倒的に操作しやすくなりました」(澤近氏)
文字入力は物理キーのほうが操作しやすいのは確かだが、「オマケで付けたものではない」と澤近氏が話すように、ソフトウェアキーボードもこだわって開発した。
「横画面でブラウズ中に検索ワードを入力する場合、ソフトキーボードを使えば本体を開かずに文字入力できます。文字入力画面を2回タップすると改行、3回タップすると範囲選択ができるようにしました。
2、3回クリックして操作をするというのはPCではよくある手法ですが、ケータイではあまり見られません。操作感は物理キーにはかないませんが、新しい操作法を知る楽しみを提供できたと思います。また、物理キーで文字入力をしてソフトキーで選択をするといった、ソフトキーと物理キーの組み合わせも便利です。片手で物理キー、もう片手でソフトキーと組み合わせで入力するのが一番速いと思います」(澤近氏)
タッチパネルは確かに便利だが、タッチパネルだけでは日本のケータイとしてベストな形状とは言い難い。タッチパネルという先進的なデバイスを搭載しつつも、日本のケータイとして、物理キーの使い勝手もしっかりと確保する――。931SHはまさに、シャープが掲げる「半歩先」を行く戦略を体現したモデルといえる。
[PR]
by sin1_s | 2009-01-04 01:12 | Hitorigoto