祥野獣一の日々の記録


by show_no_11
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

タグ:買い物 ( 6 ) タグの人気記事

タイヤ交換

ついにこういうモノに手を出してしまった。
c0047113_2041289.jpg


「Vittoria Open Corsa CX3」
「Vittoria ULTRALITE」

ロードバイクのタイヤとチューブです。

ついに、と言ってもペダルもビンディングに変えたりとかしてるんですがね。

しかし、未だにパンク修理も未経験なので、タイヤとチューブの交換にドキドキ。

まずはネットやら雑誌やらうろ覚えのパンク修理を思い出しながら、前輪から作業開始。
しかしどうもうまくいかない。

仕方なく、iPad出動。
YouTubeでそれらしい動画を見ながら再チャレンジ。

試行錯誤の上何とか完成。
手際が悪く、技術もないから指が痛い。

そしていざ空気注入という段階で、おやおや?バルブの長さが短い。
ポンプの注入口からシューシューと抜ける空気。

ホイールは買ったまんまのSHIMANOのR500。
リムが高いわけでも何でもない。

元々のシュワルベのチューブと比べてみる。

うん。短い。
1cmくらい短い。

ガーン!!

そこまで気にして無かったよ。

いた仕方なく、チューブは旧品に交換。
折角はめたタイヤをまた外すハメに。

何度もやった方が練習になるだろうと思いリトライ。

何とか前後輪共に換装完了。

で、興味が湧いたので色々タイヤ&チューブ交換の動画を見漁る。
するとどうやら色々間違えている事に気づく。

前後輪共にやり直し。

しかし今日はそこでタイムアップ。

換装して試走するつもりだったけど、最初の悪戦苦闘とやり直しが響いて時間が無くなった。

しかしこれもロードバイク乗りの宿命。

チューブ交換くらいサササッとやれた方がスマートだからね。

練習!練習!!

ホント好きなことにはいくらでも手間がかけられる( ̄▽ ̄)b
[PR]
by sin1_s | 2014-04-28 14:43 | Bicycle Room
5月も半ばを過ぎ、下旬へと突入。

もうこのままヘルメット無しのスタイルで行くか??

事故に巻き込まれた時にどうする?

華麗に宙を舞い、鮮やかに着地!!

そんなこと出来るわけがありません。



...ピンポーン...



ん?

ブログ内で“ピンポーン”とはこれいかに?



むむむっっ!!

c0047113_136213.jpg

宅配便が来ました。

開けてみましょー。



ガサガサ...


...



...!?



c0047113_13636.jpg

ぬぬぬぉぉ!?



ぬおおぉぉぉぉぉっっっっ!!!!



c0047113_136318.jpg

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!



c0047113_136451.jpg

ダンッ!!



c0047113_136457.jpg

ダダンッッ!!!



c0047113_136575.jpg

ダダダンッッッ!!!!!!



c0047113_136640.jpg

ダーーダダダダーーーーーンッ!!



c0047113_136689.jpg


と言ったわけで、購入を決意してからおよそ5ヶ月、やっと手元にやって来ました。

これでルール違反の背徳感から解放されます。

また元気に走るぞー!!!!

インプレ記事はまた後日( ̄▽ ̄)b
[PR]
by sin1_s | 2013-05-17 12:45 | Bicycle Room
スポーツバイクに乗り始めて8ヶ月。

c0047113_22534879.jpg


7ヶ月目に念願のPINARELLO社のロードバイク FP DUEを手に入れ、荒川CRと江戸川CRを走りまくる日々。

季節も初夏を迎え自転車にはとても良い季節。

連日のように走りに出る。

新しい自転車と共に必要なパーツやアクセサリーを購入。

しかし、自転車乗りならば必ず持っていなければならないものを私は8ヶ月もの間見て見ぬ振りをしてきた。

ヘルメットだ。

ルールとマナーを重視する私にとってノーヘル運転は本当に心苦しいものだった。

落車や事故で頭部に怪我を負っても自業自得と言ってしまえばそれまでだが、やはりルールはルール、マナーはマナーだ。

では8ヶ月もの間、何故それを放置してきたのか。
もちろん好きで放置してきたわけでは無い。



スポーツバイクを乗ってる人を見かけるとまず目を引くのがヘルメットでは無いだろうか。

自転車そのものよりもまず顔の認識を含めた頭部へフォーカスが行く。

するとどうしてもヘルメットに視線がいく。

言い換えれば自分が自転車に乗ってる時にまずどこを見られるのか、頭部でしょ。

ということになる。

別段、自分のファッションセンスがどう見られるかにはあまり関心は無い。

全く無いと言ったら嘘になるが、普段から服装や格好は我が道を行くタイプなので、それなりにこだわりがある。

ヘルメット選びは慎重を極めた。

昨年、乗り始めた頃は年内に気に入ったものを見つけようぐらいに考えていた。

日々乗りながら、ネットでヘルメットを探す。

そして見つけたのがこれ
c0047113_22534796.jpg

まず何に惹かれたってその名前ですよ。

“ICARUS 〜イカロス〜”

ギリシャ神話に出てくるイカロス。
Wikipedia

小学生の頃に音楽で習った歌、ギリシャ神話のイカロスをモチーフにした『勇気ひとつを友にして』

私はこの曲が好きで、この曲をモチーフに脚本を書き主宰劇団で上演したほどだ。

そんなイカロスの名を冠したヘルメット。

これはもう私のために用意されたようなものだと膨らんだ妄想と共に購入を決意する。

とあるサイクルネットショップにて注文。

欠品や品切れ、となっているショップがほとんどなのにそのショップだけ“在庫あり”となっていた。

これが今年の1月上旬頃だ。

そう。

これが1月上旬の話で今が5月中旬。

“在庫あり”となっていたそのショップからメールが来る。


「2月下旬入荷予定」と。


まあ、致し方あるまい。

自分は本当に欲しいもののためなら我慢できる性格だと思っている。

どんなにお腹が空いてても味噌汁が出来るのを待ってから食べ始めるタイプである。

「予約」という形で入荷を待つ。

しかし、3月を迎えてもそのショップからは何の連絡も無いのでたまりかねてどうなってるんだ?と優しくメールする。


すると「3月下旬入荷予定」とのこと。


まあ、致し方あるまい。

新しいロードバイクを購入する頃に届けばいいな、と。

そしていつしか桜が咲き、儚く散っていく。

今度はショップから連絡。


「メーカーにいつ入荷されるかの確認を取っているが連絡無し」


蝋でかためた鳥の羽の如く、私の思いは儚く散っていった。

さすがに我慢の限界。

別にこのショップが悪いわけでは無い。

悪いのはメーカーであったり輸入代行業者であったりなのだろうけど、たまらず「予約」を取り消して別のヘルメットを探し始めた。

2,3気に入ったものを見つけたのだが、それも「予約受付中」であったり「6月発売」だったりとどうにも運が無い。

これは「浮気はするな!本当に欲しいと思ったものを手に入れなさい!」という自転車の神様の思し召しだと考え、イカロスの取り扱いのある以前頼んだのとは別のネットショップで注文した。

このショップなら在庫があるのでは無いかという淡い期待を込めて。


「5月上旬入荷予定」


...




…ですよね…。


さらに一ヶ月待つことになる。

その間にロードバイクを手に入れ、相変わらずノーヘルで爆走していた。

もういつ来るかもわからないイカロス。

ヘルメットが無いと、今後イベントやレースに参加することが出来ない。

レースはともかく自転車イベントでの試乗とかが出来ない。

もうどんなんでもいいから安いものを買ってイカロスを待とうか、いやいや安物買いの銭失いも甚だしい。

そして過ぎていく時間。

5月も半ばに差し掛かる。


...



つづく…
[PR]
by sin1_s | 2013-05-16 22:45 | Bicycle Room

4/29のつづき...

これぞスポーツバイクの最高峰!

c0047113_1918844.jpg


『CYCLE MODE international 2012』
PINARELLOブース


いずれはロードバイクを買おうと心に決めていた。

最初に購入したクロスバイクがBIANCHIでそれなりに思い入れもあったので最初のロードバイクはぼんやりBIANCHIで、と思っていた。

もちろん他のメーカーのモノもチェックしたりしていた。
その中にPINARELLOもあったが、当時の自分にとっては高嶺の花。
ある種の憧れはあったが選択肢には入ってこなかった。

しかし『CYCLE MODE international 2012』、PINARELLO車の実物を見てしまうのである。

PINARELLOの最大の特徴であり、私が強く惹かれたのがONDAフォークである。

ハンドルと前輪を支える部分をフロントフォークと呼ぶ。
PINARELLOのフロントフォークには他のメーカーにはない特別な特徴がある。

それがこれ↓↓
c0047113_19181071.jpg


ONDAフォークと呼ばれるこの波打つような美しい曲線のフロントフォーク。

同じように波打つような形状のバックステイ。
c0047113_19181130.jpg


PINARELLOブースでこれを見た私は一瞬で恋に落ちたのである。

高嶺の花とはわかっちゃいるが、何とかしてあの娘を振り向かせたい。
もはや男のサガである。

2ヶ月前にBIANCHIのクロスバイクを買ったばかりなのに、PINARELLOのロードバイクに目標が定まった瞬間だった。

そしてたくさんの欲求を我慢し節約、あの手この手で金策して辿り着いた山の頂き、最高峰。
とは言ってもPINARELLOというブランドから見れば下から2番目ですけど。

でもやっぱりその走りは本物だと言わざるを得ない。

次回はその走りのレポートと私の装備やらをご紹介しようと思う。
[PR]
by sin1_s | 2013-04-30 23:49 | Bicycle Room

ついに!!

念願のロードバイク GET!!

PINARELLO FP DUE
バーテープとワイヤーコードをイエローにカスタム。
c0047113_2023021.jpg

[PR]
by sin1_s | 2013-04-25 20:00 | Bicycle Room

とうとう

PINARELLO FP DUE 注文!!
[PR]
by sin1_s | 2013-04-19 12:00 | Bicycle Room