祥野獣一の日々の記録


by show_no_11
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
残雪のアイスバーンを行く!!

走行距離 42.5km

c0047113_18221548.jpg


首都圏では大雪と呼べる日から5日、路上には溶けずに残った雪が完全にアイスバーン化。

とても自転車で走れるような状況では無い。

しかしこのままではいつ乗れるかもわからない。

悩みに悩んだが、意を決してサイクルウェアに袖を通す。

いざ出発!!
まずは葛西臨海公園へGO!!

c0047113_1822875.jpg


萎えた。

植込みにこの雪の残りようったら無い。

路上も比較的広い道が、自転車1台通れるぐらいの幅だけ地面が見えていて、後は氷に覆われている。

反対から自転車が来たら確実にどちらかが氷の上を走らねばならないし、目の前を自転車が走っていれば追い抜く為に氷上を行かねばならない。

クロスバイク、ロードバイクで氷上を走るのは自殺行為だ。

落車上等、命がけの死のロード。

引き返そうかと一瞬頭をよぎる。

「いやもうだいぶ溶けてて走れるところはたくさんあるはず!荒川CRが同じ状況なら引き返そう!」

と、自分を鼓舞する。

実際、公園内も雪かきがされてて普通に走れる場所の方が多かった。

葛西臨海公園を抜け、健康の道に出ると激しい向かい風が待っていた。

北西からの空っ風が今日も吹き荒れる。

しかし、残雪で5日間走れなかった思いは伊達じゃない!!

向かい風を全身に浴びて突き進む。

健康の道を経て清砂大橋を渡る。

一縷の望みを掛けていざ荒川へ!!

c0047113_18221245.jpg


あら、意外と雪が溶けてて道が拓かれているではないか!!

これは行ける!

意気揚々、夕闇の中を直進!

荒川CRでも容赦なく北風が行く道を阻む。

沈む太陽を左手にペダルを漕ぐ。

程なく定点観測ポイントに到着。

c0047113_18221393.jpg


刻一刻と日が暮れていく。

辺りを闇が包み始めると同時に下がっていく気温。

凍てつく外気に汗が冷える。
冷えた汗が体温を奪う。

バッグに忍ばせたウルトラライトベストを着てもこの日の寒さは容赦ない。

休憩もほどほどに出発。

あまりの寒さと暗くなる空を見て、木根川橋には向かわずに、そのまま平井大橋を渡ることにした。

久々に平井大橋を渡る。

冷えた身体が北風に曝される。

寒い。

蔵前橋通りを直進、一路江戸川へ向かう。

江戸川CRに着く頃には辺りは真っ暗になってしまった。

過去の経験から闇のCRを進むのは骨が折れることはわかっていたが、微妙に西の空がまだ明るかったのでCRを行くことにする。

結局真っ暗闇の中、江戸川CRを南下することになる。

暗闇の走行は集中力が必要で、神経を使うのでやはり骨が折れる。

遠くに見える人影がジョガーなのかウォーカーなのか、障害物があるのか無いのか。

前に驚いたのは、腹筋運動をしている人。

遠くから見ると黒い物体が一定の動きをしているので、何か機械的なものなのか、風に揺れる何かなのか判別がつかない。

ある程度近づいてそれが人間であることにひどく驚かされた。

勝手にこっちが驚いてるので、腹筋してる人に罪は無いんだけど、「くそぅ!驚かせやがって!(`・ω・´)」と思ってしまう。

真っ暗闇を経て、旧江戸川へ。

ここまで来ると残り10km。

終盤を迎え、自分のテリトリーに入ったかのような妙な安心感がある。

帰路につく途上で走り足りない衝動に襲われ、自転車を始めたばかりの頃に走っていた通称「いつものコース」へと進路を取った。

とある大型施設の外周を走るのだけど、このコースがちょうど良いぐらいの距離で信号も2,3しかなく、交通量も時間によっては少ないので重宝する。

と言っても最近はサイクリングロードに出ることが多く走っていなかったので久々の走行だ。

プラス5kmのコースを走り切り、本日のライディング終了。
[PR]
# by sin1_s | 2013-01-19 18:02 | Bicycle Room

走れない。。。

一昨日は首都圏では珍しいくらいの豪雪でしたね。

仕事がお休みだった私はただただ呆然と降りし切る雪を眺めてました。

朝起きた時、雪かなぁと思ってカーテンを開けると何の事はないただの雨。

本降りだなぐらいに思って、朝の情報番組をザッピング。

20〜30分して再び窓の外に目をやるとかなり大きな粒の雪。

c0047113_18231661.jpg


この短時間に一体何があったんだ!

みるみるうちに外は銀世界。

c0047113_18231834.jpg


テレビ番組も慌てるかのように雪情報を流しまくる。

外の状況とテレビを見ててまず思ったのは「こりゃ当分走れないな」っていう自転車のこと。

ずいぶんと頭の中が自転車に侵食されたもんですf^_^;)

はてさて次に荒川や江戸川に行けるのはいつのことやら。

気がつくとベランダの手すりにすらつもり始める。

c0047113_1823202.jpg


しっかし、みぞれの様なべっちゃべちゃの雪。

翌日以降の出勤が思いやられる。

さもあらん、昨日も今日も路面が凍結が酷い。

無理に走りに出て落車、大怪我なんてことにでもなったら生活に障る。

ま、焦らずにお天道様のご機嫌を伺いますかね。
[PR]
# by sin1_s | 2013-01-16 18:16 | Hitorigoto

日曜は敵だらけ。。。

天気良し!風力良し!人多し!!

走行距離 45.1km

c0047113_23514028.jpg




休日走行は初めてではないが、やっぱり慣れない。

季節柄なんだろうね。
荒川も江戸川もサイクリングロードのあちゃらこちゃらでマラソン大会が開催されている。

小学生やら中学生やら少年野球チームやら、ジジババも張り切って走っている。

それ自体は何にも悪いこっちゃないんだけど、どうにもサイクリストには邪魔以外の何者でもない。

走るコースを変えさせられた時は、おいおいお前らだけの道じゃなかろうと思ってしまう。

そしてコース整理のおっさんとかが道の真ん中で仁王立ち。

何様??

立ってるだけなら端に寄ってよ。

さらに休日はどこから湧いてくるのか、ジョガー、ウォーカー、サイクリストがわんさかいる。

迷惑なのは並んで歩く夫婦や並んで走るカップルジョガー、団体サイクリスト、家族単位の自転車集団。

そこそこ広いサイクリングロードも並ばれると道幅を取られる。

ジグザグに走らされるしスピードは出せないし、いつものペースを乱されるからどうしてもイライラしてしまう。

休日ゆえの醍醐味と思って諦める他は無い。

今日は天気も良いし風も穏やか、皆考えることは同じなのよね。

ま、いいんだけどね。

サイクリングロードはサイクリストだけのものでは無いのでうまいことシェアし合えれば、それはとてもいいことだしね。

大事なのはマナーとか思いやりとかだと思うんだ。

怪我や病気を含め障害がある方や幼児の横を30km/h以上でぶっ飛ばすスポーツバイク乗りもどうかと思うしね。

そういう自分勝手な人がいるから十把一絡げでスポーツバイク乗りが批判されてしまうのは本当に悲しいことだと思うわけです。

ただでさえヘルメットにサングラス、ピタピタのサイクルウェアっていう異様な出で立ちで、目立つんだから自重しましょうよ、と言いたい。

溜まったストレスを吐き出すのに終始してしまい申し訳ない。

すっかりお馴染みになったコースを行く。

葛西臨海公園~健康の道~清砂大橋~荒川CR入口。

c0047113_2351399.jpg



定点観測ポイントを経て、

木根川橋~荒川CR左岸~東四つ木避難橋〜クネクネ中川〜高砂橋〜柴又帝釈天

そして江戸川に出る。

柴又公園で2回目の休憩。

ここら辺は土地柄普段から人が多い。

寅さん記念館や矢切の渡し等、観光名所数々あるからだ。

さらに柴又公園には江戸川CRを行き交うジョガーやサイクリストで溢れている。

平日の同じ時間では考えられない人の数だ。

そのためか平日は見たことのない移動式の露店が出てた。

c0047113_2351406.jpg




ま、確かに暖かいコーヒーが欲しくなる。

そんな中、灰皿のある東屋で一服。

柴又公園を後にし、いつも通り江戸川CRと旧江戸川を南下する。

旧江戸川を南下中もう間も無く自宅に着こうというところで、ふと閃く。

旧江戸川にはある大きな通りが並行して通っている。

この通りには大好きな喫茶店があり、ポタリング帰りに寄れたらいいなといつも思っていた。

昼のポタリングはいつも仕事前に行くのでなかなか時間が取れなかった。
今日も仕事前ではあったが余裕を持って出たので、喫茶店に寄ることが出来た。

大好きなシナモントーストとキリマンジャロを注文。
シナモントーストで食欲を満たし、キリマンジャロと共に煙草を吸う。
40kmのポタリング後の温かいコーヒーと煙草は格別の美味さだった。

混雑を極めたサイクリングロードでストレスの溜まる走行だったが、最後に大好きな喫茶店で至福のひと時を過ごせたのでプラスマイナスゼロって感じで終えることができた。
[PR]
# by sin1_s | 2013-01-14 23:35 | Bicycle Room

最強の敵は風

川の流れのように。

走行距離 43.2km

c0047113_17224887.jpg


自転車トレーニングが生活の一部となりつつある。

始めて4ヶ月、周囲から「痩せたんじゃない?」と言われ始める。

週に3,4回、走る度に30kmも40kmも走ってれば自然と身体も引き締まるってことだろう。

今日の敵はとにかく風。
この時期は荒川も江戸川も北西からの爆風に曝される。

葛西臨海公園から清砂大橋へと向う「健康の道」に荒川CRにと、とにかく向かい風との戦い。

ギアを調整したり態勢を変えてみたり、色々試すが、これといって大した効果もない。

クロスバイク故にロードバイクのように下ハンを握って態勢を低くすることも出来ない。

無理に低くすると肘に負担がかかる。

対向車線をぶっ飛ばす他の自転車を横目にただひたすらにペダルを回す。

平井大橋たもとの定点観測ポイントの東屋には先客が。

仕方ないので辺りをウロウロしたり大きめの岩に腰を下ろしたりした。

寒いので汗が瞬時に冷えて行く。

しかし、この自転車トレーニングにおけるタバコ休憩は私にとって重要なファクターなので、とにかく身体を休める。

c0047113_1723294.jpg



この時、今シーズンUNIQLOで購入したプレミアムダウン ウルトラライトベストが効力を発揮する。

自転車走行時だけでなく普段も愛用しているこのベストは本当に暖かい。

何より小さくまとまって持ち歩きが容易だ。

自転車走行において出来るだけ荷物を少なくするのは鉄則だ。

自転車で速く走るには何より重量が軽いこと。
自転車本体も軽ければ軽いほど値段が上がる。

さらに荷物が多ければその分風の抵抗を受けるので小さくまとめたい。

ウルトラライトベストはこのニーズに応えてくれる。

何なら休憩中に暖を取るという意味ではベストでは無くジャケットでもいいのかもしれない。

さて、休憩も程々に走り始める。

木根川橋を渡り、荒川左岸を南下、東四つ木避難橋を渡り中川へ進路を取る。

中川はカーブの連続だ。

クネクネとその道を走り、高砂橋の手前で新中川と合流する。

正確には川は上から下へなので、中川本流と新中川の分岐点ということになる。

右手にその分岐点の景色が広がる。

どういうわけかその景色を眺めるのがとても好きだ。

c0047113_1723478.jpg



留まって眺めるわけではなく、風景として流れていくその分岐点を眺めながら走り去る。

中川は決して大きな川ではない。
むしろ河川としては小さな部類だろう。

しかし絶えず流れる川には何か不思議と力を感じる。

決して止まることなく流れる川は人生や歴史など色々なものに例えられる。

逆に進むことは決して無く、その流れの先に何が待ち受けようと抗うことは出来ない。

そしてこの景色と同じように何度も分岐を繰り返す。

何と言うか、その縮図が自分の右側に突如現れ、飛ぶように去っていく。

何かの瞬間に立ち会ったような不思議な感覚に捉われるのだ。

自転車で走っていると色々な景色に出会う。
知っている場所でも知らない場所でも何気ない景色が脳を刺激する。

自転車が楽しいのはそんな脳の刺激を感受出来るからかもしれない。

中川途中にある広い公園。

c0047113_1723641.jpg



Google mapsに名前が出てこないのでなんていう公園なのかわからないが、広くて見晴らしがいい。

夕方頃は子供達の明るい声が飛び交うが、平日昼間は人影もまばら。
父と娘の親子がのんびり遊んでるだけだった。

すぐ隣には区立本田中学校。

中川から高砂橋を渡り、江戸川を目指す。

江戸川に辿り着いたところで柴又公園公園で2回目のタバコ休憩。

風が強く寒かったからかハトが身を寄せ合っていた。

c0047113_17225491.jpg

c0047113_17225867.jpg


そこからは江戸川CR、旧江戸川をひたすら南下し帰路につく。

40kmちょっとをコンスタントに走り切れるようになって来た。

強風に抗い、川の流れに人生を思う。
そんなポタリングだった。
[PR]
# by sin1_s | 2013-01-11 17:10 | Bicycle Room

真冬の独走会。

千里の道も一歩から。

走行距離 43.8km

c0047113_2026998.jpg





走り初めの1/6から1日置いての1/8。
本年2回目のポタリング。

まずはいつも通り葛西臨海公園に出る。
観覧車が晴れた青空に浮かんでいる。

気持ちのいいオフ日だ。
思い切って水元公園まで行ってみようかという思いが頭をよぎる。

葛西臨海公園から水元公園まで行き、そこから再び葛西臨海公園に戻ると合計約60km弱の走行距離となる。

清砂大橋を経て、荒川CRに出る。
定点観測ポイントの平井大橋で休憩を取りながらも悩む。

c0047113_20261269.jpg



c0047113_2026133.jpg




時間はもう夕刻の一歩手前。
ここから水元公園に行き、江戸川CRに辿り着く頃にはきっと辺りは真っ暗くらのすけ。

夜のサイクリングロードは死のロードだ。

無理をしないのが信条なので、水元公園行きはあっさり諦めた。

目標を先延ばしにすることでモチベーションを維持する作戦発動である。

さらに言えば、先月頑張って走った勲章なのか、近頃は30kmを過ぎたあたりから膝に違和感を感じるようになった。

36歳おさーんに無理は禁物であるw

よって12/31と同じコースを走ろうと決意し平井大橋たもとの東屋を後にする。

木根川橋を渡るとすぐに「東四つ木避難橋」という黄色い橋がある。
この橋はサイクリングロードへの出入りのための橋だ。

荒川の下流域は川幅も広く、清砂大橋や平井大橋、木根川橋等とても大きな橋が多いので、この「東四つ木避難橋」がとても可愛い橋に見える。

この東四つ木避難橋を渡り、民家の間を抜けて行くと程なく中川にぶつかる。

ここからの中川は以前の記事でも紹介したとおりとてもクネクネとしている。

川沿いに遊歩道は整備されているが、ウォーカーやジョガー、犬の散歩者が多く、自転車で走行するにはあまりにも狭いので、それと並行した車道を走ることになる。

このクネクネ中川を進むと大場川にぶつかり、大場側を東進すると水元公園の西端に辿り着く。

水元公園行きは諦めたので、そこまでは進まずに高砂橋を渡る。

徐々に日が暮れ始めた。

12/31、このルートを初めて通った時は京成高砂駅へと進路を取った。
すると駅のところで踏切にぶつかる。

この踏切、京成線と北総線の両方が通るため開かずの踏切となる。
常時そうなのかは初めてだったのでわからないが、この時は次から次へと電車がやってきて10分弱はその場に止まっていたのではないかだろうか。

その時の経験からどうにか踏切を渡らずに済む方法はないものかと考えた。

この時駅に向かう中、ひとつ手前の交差点で線路が高架になっているように見えた道があった。

踏切で待つのも嫌だったし、何より夜の闇が迫っているのもあって、その高架下へと向かった。
迷うのも大変なロスになるので、iPhoneで地図を確認しつつ慎重に進む。

自転車でのトレーニングは出来るだけ止まらずにペダルを回し続けることが重要なので、踏切や信号は出来るだけ避けたい。

多少回り道になるが、その高架下に向かえば踏切を待つことなく元の道に戻れることがわかった。

そこから柴又帝釈天の横を通り、江戸川CRへと入る。

江戸川CRに入るとすぐに右手に公園がある。
柴又公園だ。

この公園の東屋、な、な、何と灰皿が置いてあるではないか!!

c0047113_20261920.jpg




以前は公園のベンチの横に灰皿があるのは当たり前だった。
が、健康増進法のおかげで公共の施設からはすっかりその姿を見ることは稀になった。

きっと、いずれこの灰皿もここから消え去る運命にあるのだろうが、今はここにある。
大手を振って喫煙が出来る!!
もちろん近くに子供がいれば控えようと思うが、幸運にも周りに人影はまばらだった。

後からおじさんが2人ほど入れ替わり立ち替わり入ってきた。

肩身の狭くなった我々のさながら王国である。

王国に珍客登場。
いや、むしろこちらの方が珍客かw

c0047113_20262165.jpg


2回目の休憩も程々に再び走り始めた。

後は江戸川をひたすら南下していく。
夕日を右手にペダルを漕ぐ。

ポニーランドに到着する頃には日はビルの谷間へと沈んだが、辺りはかろうじて明るさを保っていた。

c0047113_20261410.jpg



c0047113_20261580.jpg




旧江戸川をさらに南下し帰路についた。

水元公園まで行っていれば確実に真っ暗な江戸川を進むところだったし、まだまだ60km近くを走る程身体が出来上がっているとは感じていない。

無理はせず、着実に距離を伸ばしていきたい。
[PR]
# by sin1_s | 2013-01-09 21:36 | Bicycle Room