祥野獣一の日々の記録


by show_no_11
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2010年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

★★★☆☆

団体名:劇団レッドフェイス
観劇日:1/26 15:00
場所:日暮里d-倉庫


盟友『今若孝浩』が客演。
連日、大入り満員ということで追加公演。
ご招待していただけるということで、馳せ参じた。

開演前、舞台上の大道具や飾りなど眺めお金かかってるなぁと感じる。

物語は一人の少女を通して描かれる吉原炎上までの新解釈フィクション絵巻。

試みとして男バージョンと女バージョンがある。
登場人物は全て女性という設定。
つまり二人一役でステージ毎に女性を男が演じたり、女が演じたりするというもの。

観た回はシャッフルバージョンだった。
ある役だけ両方一緒に登場するという変則技。

その試みは楽しかったし、女性を演じる男役者に女役者が負けていないというところには好感が持てた。

ただ、どうしても感情移入できる作品ではなかった。

主役が周りのボケにツッコミを入れるという形があまりにも形式化されすぎていて、TVのバラエティコントを見せられているという感が拭えない。
だったらTVを観ていればいいわけで何も劇場に足を運ぶ必要はない。

台本の問題なのか演出の問題なのかわからないが、脇役の物語を大事にしすぎてて、本来の主役の物語が浮き彫りにされなかったように思う。

最終的にその主役の少女(男。ってかおっさん(笑))が郭に火を放ち、結果的に吉原炎上に繋がるのだが、少女が火を放つ動機の部分が物語の中で描かれなさすぎていて、突然のように思えてならない。
さらにきっかけが幽霊というところも何だか都合が良すぎてリアリティに欠けた。

出演していた役者陣は達者だったし、アイデア自体は面白いのに、小劇場の形骸化された部分ばかりが目立ち、やや時代錯誤なのではないかと思う。

作品の中にもう少し客をあっと言わせるような「仕掛け」のようなものがあってもよかったのではないだろうか?

役者のうまさや座組の一体感で乗り切ったように思えてならない作品だった。




今若殿、お疲れ様でした!
[PR]
by sin1_s | 2010-01-27 15:36 | Stage Room
★★☆☆☆

フジテレビ開局50周年、フジテレビ史上最高額の製作費。

と謳った作品だが駄作と言わざるを得ない。

諸事情によりイタリア語部分の字幕が出ないという状況で見た。
仮にイタリア語を理解できたとしても★は増えないと思う。

豪華キャスト、サラ・ブライトマン本人役で出演、全編イタリアロケ。
話題ばかりが先行してしまった典型的な悪例だ。
これだけ金かけてこんなもんじゃ、がっかりです。

原作者が「自分の台本だと思われたくない」と言ったとか言わないとか。
それが真実かどうかはわかりませんがね。

でもその意味はわかる(苦笑

台本の問題か演出の問題か、はたまたその両方に問題があるのか。

出演者の魅力は生かし切れてないし、役のオチどころとかキャラクターとか何だか全てが中途半端。
ミスキャストに感じる部分もあった。
もったい無い。
バブル全盛期に作られたダメな角川映画みたいだった。

原作はしっかりチェチェン紛争を題材に織り込んでいるらしいので、読んでみようかな、と。



しかし、織田裕二さんは出る映画を選んだ方がいいと思う。
以前「T.R.Y.」という映画に出演していたが、これがまた駄作だった。

原作は非常に面白く、夢中になってページを繰ったものだ。

故に映画化には過多に期待した。
渡辺謙さんらこれまた豪華なキャスト陣だったのだが、今回と同じような感想を抱いた。

残念でならない。



今夏、「踊る大捜査線 THE MOVIE 3」が公開されるそうだが、くれぐれも本作のような作品にならないことを切に願う。
[PR]
by sin1_s | 2010-01-23 21:20 | Movie Room

「不思議の国のアリス」が好き。
とかって言うと引きますかね?(笑

何はともあれ私は「不思議の国のアリス」が好きだと言ってはばかることはない。

子供の頃、我が家には父親(マイミク:文字化け)の趣味でレーザーディスク(以下LD)のプレーヤーがあった。
今でこそDVDの普及で劣化しない映像を楽しめるようになったが、20数年前は家庭にLDのプレーヤーがあるなど本当に稀だった。

そのLDのソフトに「不思議の国のアリス」があった。
情操教育の一環だったのか、はたまた自分のステイタスとして知識欲を満たしたかった父の趣味なのか、とにかく私と幼い妹の為にアニメや子供向け映画のLDがあった。

子供の頃は何故か無限に時間がある。
妹と2人で何度も何度もそのLDを観
た。
台詞が全部言えてしまうぐらい観た。
アリスだけでなく「ダンボ」もあった。

今でこそディズニーと関わりの深い仕事に就いたが、当時はそんなこと想像もしてなかった。
子供だから当たり前である。

とにかくアリスやダンボを何度も繰り返し観た。
ディズニー映画だけでなく他の映画(「ネバーエンディングストーリー」や「チャップリン」)も色々観たが、その2本はかなりのハードリピートだったと思う。

そんな礎あっての今の自分なんだなとつくづく思う。


ここからが本題(いつも前振り長くてごめんね)。

そんなアリスが実写で映画になる⁈
しかも監督は奇才ティム•バートン。
配給はもちろんディズニー。

これは私にとって大ニュースだった。

ティム•バートン監督は「シザーハンズ」からの大ファンだ。
「バットマン」も映像全体に広がるあの独特な匂いが大好きだし、「ナイトメア•ビフォア•クリスマス」や「コープス•ブライド」のクレイアニメも本当に面白い。

そして俳優ジョニー•デップの出演。
押しも押されぬハリウッドの大スター。
大好きな俳優の一人だ。
先日も「パブリック•エネミーズ」を観に行った。
「パイレーツ•オブ•カリビアン」シリーズも全作映画館で鑑賞した。
ロバート•ロドリゲス監督の出世作「デスペラード」の続編に出演した時もアントニオ•バンデラスとの競演に興奮した。

ティム•バートン×ジョニー•デップ。
このコンビの映画も大好きだ。
「シザーハンズ」は言うに及ばず、「チャーリーとチョコレート工場」等枚挙に暇が無い。


「ティム•バートン」が「ジョニー•デップ」主演で「不思議の国のアリス」を撮る。

これはもう私にとって大事件以外の何ものでもないわけである。

ジョニー•デップは「いかれ帽子屋」……もとい「帽子屋」こと「マッド•ハッター」の役をやるわけで、これが主演ってのが気になるところ。
本来「帽子屋」は脇役も脇役でタイトルが「アリス イン ワンダーランド」にも関わらず、アリスが主演でないの?
と思いたいところでもあるのだが、そこはこの際気にしないようにした。





「アリス イン ワンダーランド」

あれから12年。
再びアリスは不思議の国へと迷い込む。
そこは赤の女王に支配され変わり果てた姿に。
それを救うのはアリスだと告げられる。

2010年4月17日公開!!





そしてその映画の公開に先だって、「アリス イン ワンダーランドの世界展」なるものが日本テレビで開催されているというので、実は行ってきた。


到着してまさかの驚愕!
















180分待ち













次回につづく…。
[PR]
by sin1_s | 2010-01-10 17:20 | Disney Room

林檎の逆襲

友人とデジタルの進化について話したんですが、本当に早いよね。

2年前に今のことは想像出来なかったし、2年後がどうなるのかすらわからない。

何かの記事で読んだけど、初代iPodが出た時世の中派の反応は冷ややかだった。

世はMD全盛でLPモードで録音できるようになった頃ぐらいだった気がする。

当時は4GBのハードディスクを搭載しているたった一種類しかない、今で言うiPodクラシックの形と大きさだった。
選曲や音量は今と変わらないホイール式。
現在はタッチ感応式だが当時は実際にそのホイールがクルクルと回った。

音楽を1000曲持ち歩けて、外付ハードディスクとしても機能するからファイルも持ち出せる。
そんな謳い文句だった。
実際は1000曲入れたら満杯だからファイルは入らないが(笑

Apple社が満を持して世に出した活気的な商品だった。

しかし、少なくとも日本国内ではそんなに注目されなかった。

「1000曲も持ち歩いてどうするのか?」
「ファイルを持ち出すのにハードディスクを持ち歩くほどの容量は必要ない。フロッピーで十分」
「Windowsでは使えない」

そんな時代だった。

しかし僕はこれはすごいと思った。
当時(今もだが)Mac派だった僕には「Macを使い続けて来たご褒美だ」と狂喜乱舞したものだ。

つまり僕は初代iPodを持っているわけだが、今は時代も移ろいiPhoneへと進化した。
初代iPodも結構長いこと使った。
おととしまで頑張ってくれた気がする。

その後iPod nanoに移行し、iPhoneに至る。

そんなiPodも今じゃ携帯音楽プレイヤーとしては誰もが認知し、街を歩けば携帯の次に見かける。
機械の進化と共に人も進化した。
いや、自分に先見の明があるみたいなことが言いたいんじゃなくて、事実そうなのだ。

iPhoneも出たてのころは酷評されてた。
でも今じゃ電車の中で見かけないことはない。
スマートフォンのスタンダードポジションを築いたiPhone。
グーグル携帯がどこまで食い込むかも非常に楽しみだ。


カラフルなiMacを出した頃、Apple社は傾きかけていた。
Macユーザーは巨大化するMicrosoftを尻目に細々とMacライフを楽しんでいた。

OSとしてのMacも目覚しい発展を遂げた。

しかしそこにだけ注力するのではなく、別の次元で勝負をかけたスティーブ•ジョブズにこそ先見の明があると言えよう。



林檎の逆襲はまだまだ続きそうだ。
[PR]
by sin1_s | 2010-01-08 15:55 | Hitorigoto

何となく

ブログをいじってみた。
意外といけるかも。

でもやっぱりきっと放置する気がする(笑

まあ続けるつもりで書き連ねます。


iPhoneを手に入れたことで、音楽聞きたい欲が発動中。
iTunesに入ってる膨大な音楽集を整理しつつ、最近気になるアーティストをレンタルしたりしている。
昔から大好きなレディオヘッドを再び聴く。
やはり、良いモノは良い。

そんな私に友人がインキュバスを勧めてくれた。
これまた良い。

ザ・カーディガンズなんかにも今さらはまっている。


音楽と言えば一昨年よりはまっているフジファブリック。
先日訃報が届いた。
vocal&guiterの志村が死んだ。
まさかの出来事に頭が真っ白になった。

29歳。

早すぎる死だ。

正直未だにその現実を受け止められずにいる。
その報を受けてからiPhoneに入っているフジファブリックを一度も再生していない。
絶対に泣いてしまうから。

伝説になっちまった。

尾崎の死ぐらい俺にとっては衝撃だった。


人はいずれ死ぬ。

いちアーティストの死をこれほど悼んだのは初めてかもしれない。
昨年もたくさんの偉人が亡くなったが、年末に最大の衝撃だった。


さて、いつフジファブリックを再生しようか…。

歌は永遠だ。
[PR]
by sin1_s | 2010-01-06 00:45 | Hitorigoto

そして…

再び一年ぶりの更新でございます。
ま、誰も読んではいないでしょうが。

あけおめです。
ことよろです。

一年前の投稿が新しい携帯についてだったわけですが、再び携帯が変わりました。

iPhoneに。

mixiも書き込みにくいけど、ブログも結局書き込みにくいな…。
どんなにデカくても画面が小さい。
キーボードパッドが画面の半分を占めるからね。
もうこれはホントにしょうがない。

家帰ってパソコンでやれって話です(藁
[PR]
by sin1_s | 2010-01-04 21:41 | Hitorigoto