祥野獣一の日々の記録


by show_no_11
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:Disney Room( 1 )


「不思議の国のアリス」が好き。
とかって言うと引きますかね?(笑

何はともあれ私は「不思議の国のアリス」が好きだと言ってはばかることはない。

子供の頃、我が家には父親(マイミク:文字化け)の趣味でレーザーディスク(以下LD)のプレーヤーがあった。
今でこそDVDの普及で劣化しない映像を楽しめるようになったが、20数年前は家庭にLDのプレーヤーがあるなど本当に稀だった。

そのLDのソフトに「不思議の国のアリス」があった。
情操教育の一環だったのか、はたまた自分のステイタスとして知識欲を満たしたかった父の趣味なのか、とにかく私と幼い妹の為にアニメや子供向け映画のLDがあった。

子供の頃は何故か無限に時間がある。
妹と2人で何度も何度もそのLDを観
た。
台詞が全部言えてしまうぐらい観た。
アリスだけでなく「ダンボ」もあった。

今でこそディズニーと関わりの深い仕事に就いたが、当時はそんなこと想像もしてなかった。
子供だから当たり前である。

とにかくアリスやダンボを何度も繰り返し観た。
ディズニー映画だけでなく他の映画(「ネバーエンディングストーリー」や「チャップリン」)も色々観たが、その2本はかなりのハードリピートだったと思う。

そんな礎あっての今の自分なんだなとつくづく思う。


ここからが本題(いつも前振り長くてごめんね)。

そんなアリスが実写で映画になる⁈
しかも監督は奇才ティム•バートン。
配給はもちろんディズニー。

これは私にとって大ニュースだった。

ティム•バートン監督は「シザーハンズ」からの大ファンだ。
「バットマン」も映像全体に広がるあの独特な匂いが大好きだし、「ナイトメア•ビフォア•クリスマス」や「コープス•ブライド」のクレイアニメも本当に面白い。

そして俳優ジョニー•デップの出演。
押しも押されぬハリウッドの大スター。
大好きな俳優の一人だ。
先日も「パブリック•エネミーズ」を観に行った。
「パイレーツ•オブ•カリビアン」シリーズも全作映画館で鑑賞した。
ロバート•ロドリゲス監督の出世作「デスペラード」の続編に出演した時もアントニオ•バンデラスとの競演に興奮した。

ティム•バートン×ジョニー•デップ。
このコンビの映画も大好きだ。
「シザーハンズ」は言うに及ばず、「チャーリーとチョコレート工場」等枚挙に暇が無い。


「ティム•バートン」が「ジョニー•デップ」主演で「不思議の国のアリス」を撮る。

これはもう私にとって大事件以外の何ものでもないわけである。

ジョニー•デップは「いかれ帽子屋」……もとい「帽子屋」こと「マッド•ハッター」の役をやるわけで、これが主演ってのが気になるところ。
本来「帽子屋」は脇役も脇役でタイトルが「アリス イン ワンダーランド」にも関わらず、アリスが主演でないの?
と思いたいところでもあるのだが、そこはこの際気にしないようにした。





「アリス イン ワンダーランド」

あれから12年。
再びアリスは不思議の国へと迷い込む。
そこは赤の女王に支配され変わり果てた姿に。
それを救うのはアリスだと告げられる。

2010年4月17日公開!!





そしてその映画の公開に先だって、「アリス イン ワンダーランドの世界展」なるものが日本テレビで開催されているというので、実は行ってきた。


到着してまさかの驚愕!
















180分待ち













次回につづく…。
[PR]
by sin1_s | 2010-01-10 17:20 | Disney Room