祥野獣一の日々の記録


by show_no_11
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

荒川CR初アタック!!

今日は最初から決めていた荒サイに入るぞ!、と。

走行距離 27.9km

まずはもう行き慣れた葛西臨海公園へ。
昨日知った観覧車をぐるっと回り込む道を使ってみる。
こっちの方が路面が舗装されていて通りやすい。


そして荒川の河口から清砂大橋を結ぶ道に出る。


この道一般的になんて呼ばれてるの?
わからないから勝手に命名しよう。
路面が赤いから「レッドロード」!
我ながら安直ww

葛西臨海公園と清砂大橋を結んでるから「葛清ロード」とかでもいい。
まあ、何でもいいf^_^;)


そのレッドロードを快走!!
天気が悪いからか単に時間帯の問題かウォーカーやジョガーが少なくて走りやすかった。

しかし、ここで事件が起きる。

レッドロードの終わりところにアーチ型の車止めがあるのだけど、そこをすり抜けて左折するのにペダルをぶつけてバランスを崩しあえなく落車。

気持ちは左折でハンドル左に切ってて、ぶつけた拍子に反射的にブレーキをかけたみたいで、後輪が右に振られてドリフト状態。

上体が左に傾くのを防ごうと足をつこうと思うがビンディングペダルとシューズはガッチリ仲良し。

そのまま左に倒れてしまいました。

不思議と痛みも怪我も一切無し。

愛車の左ハンドルの端が軽く傷ついたけど、本人も自転車も無事でした。


これが噂の「立ちゴケ」か!(`・ω・´)


と、妙に納得し何事も無かったように立ち上がり再び乗車。

清砂大橋に向かう。


清砂大橋は荒川河口付近にあるためとっても長い橋脚。

左を見渡すと新木場方面に東京湾が広がる。

晴れてる時はとても気持ちのいい橋。

今日は残念ながら曇っていて風が少し強かった。


清砂大橋を渡り切るか切らないかのあたりで土手が見え始めるんだけど、何やら人がたくさんいていつもと様子が違う。

徐々に近づきそれが何なのか確認出来るところまで来ると何やら運動会のような様相。

橋の上からテントが見えてそこに「INTERNATIONAL SCHOOL」の文字が。

どうやらアメリカ人学校のマラソン大会のようなものが開催されていた。
いつもより荒サイに入るハードルが高いよ!!


今まで2度訪れてどこから入るのかわからず、諦めて戻っていたが、今日は決意を固めてやって来たのだ、ここで怯むわけにはいかない。


以前からここから入るんじゃないかと思われる場所から、いつもここを通ってるんですってな顔で恐る恐る入ってみる。


しばらく行くと外国人の大人が運動会よろしく列を成している。

自分の子の勇姿を見たい気持ちはどこの国も変わらないのだな、などと思ってる気持ちの余裕は無い。


奇異な目に晒されるんじゃないかという恐怖と戦いながら前に進む。

黒人の先生が拡声器で怒鳴るもんだから恐怖はさらに倍増。

戻れば良かったと思うが後の祭り。

意を決して進むとにした。


思いの外、奇異な目で見られもせず先に進むことが出来た。

マラソン大会らしき様相なので、3kmくらいはPTAでかり出されたご婦人がポイントごとに立っている。

暇なのか井戸端会議になっている。

はっきり言って邪魔。


とは言え荒川CRは公共の場所なので、文句を言えるわけもなく、あまりスピード出さずに走行。

しかし!!
そのインターナショナルスクールのテリトリーを外れた途端、目の前に広がる荒川サイクリングロード!!


ぶっ飛ばすぜ!!

ぶっ飛ばせない!!


この季節特有の北風だー!!

そこまで強くないものの20km/hそこそこが限界!!

反対車線をかっ飛ばして行くロードバイクを横目に、帰りは追い風帰りは追い風と心の中で呪文を唱える。

しばらく進むと走行距離が10kmを越えた。

そろそろ休憩しよう。

無理はしないのが俺流さ!


橋の袂で一服。

風が強くてスゲー寒かったけど、この時の一服の煙草が幸せの瞬間。

有酸素運動してきたのに煙草で台無しにするこの贅沢がたまらない(*´艸`*)


そして今日はウェア姿を撮影してみたくて1人ファッションショー。

36歳おさーんがカメラのセルフタイマーで一生懸命カッコつけてみた。

c0047113_1547927.jpg


ファッションショーもそこそこに時間に限りもあるので、先に進むことにした。

走行距離15kmぐらいのところでスカイツリーが見えてきたので撮影。

c0047113_1548977.jpg


ズーム!!

c0047113_1549223.jpg


ま、スカイツリーの画像もずいぶんと流出してるので珍しくも何とも無いですがf^_^;)


さて、ここから来た道を戻るのだ。

帰り道、ロードバイクで走るおっさんが登山ですれ違う人よろしく右手を軽く上げて挨拶してくれた。
こういう人あんまりいないんだよね。
ま、俺もやってないし、全員にやってたらキリが無いんだけど。
あの人は全員にやってるのか?
それとも俺のただの勘違いなのか?w
まあこういうのもサイクリスト同士良好な関係が築けるよね。

来た道を戻るので、インターナショナルスクール大運動会を再び横目に荒川CRを後にした。

後々気づくのだが、どうやら私が入った道はやはり間違いだったらしいw
荒川CRへのエントリーは違う入り口があるみたい。

今度行く時はそちらから行ってみよう。


こうして私の初荒川サイクリングロードアタックは幕を下ろすのだった。
[PR]
by sin1_s | 2012-12-01 15:41 | Bicycle Room