祥野獣一の日々の記録


by show_no_11
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

風は敵、そして味方

北風が吹きすさぶ冬の自転車道。
走りに出ることを躊躇させる最大の難敵。

走行距離 35.7km

c0047113_23393745.jpg


なんだかんだと中4日もあいてしまった自転車トレーニング(ダイエットとは言わないw)。

今日は天気も上々、さすがに走らぬわけにいかぬ!!
しかし部屋にいても聴こえる強風だとわかる風の音。

天使「風なんて自転車乗りにはつきもの。それを上回る晴天の爽快感、心地好い疲労感、行って良かったときっと思える」

悪魔「やめちまえ!やめちまえ!こんな強風の中走りに行くなんて自殺行為。前に進めず時間ばかり無駄にする。今日もお仕事でしょ?」

2つの囁きが頭の中に響く。

悩んだ末、中4日もあけてしまったし、その分走りたい欲が勝るという結果になり5日ぶりにポタリング。

いざ出発。

葛西臨海公園を抜けるまでは、気温の低さで少々寒かったが、そこは自転車、走ってるうちに身体は温まり始める。

しかし、公園を抜けてからが地獄の始まりだった。

川の上流から海に向かって猛烈に吹く北風。

正直ここで帰ろうかと本気で悩むw

しかしここで引き返したら男が廃るってもんだ!!
と、よくわからない気概を発揮し、ペダルを回す。

ようやくたどり着いた清砂大橋では、激しい横殴りの風を受ける。
車体が軽いので結構煽られる。

何だかもう修行のような拷問のような様相を呈して来た。

もちろんそこから荒川CRに入ってもその状況は変わらない。

定点観測ポイントに何とか到着。

c0047113_23393265.jpg


東屋での小休止も風が強くてすげぇ寒みぃ。
休憩してる間にも北風が容赦無く体温を削り取って行く。

c0047113_23393397.jpg


休憩を終え平井大橋を越えて蔵前橋通りへ。

そこから江戸川までは多少強いかな程度で風の影響はあまり感じられなかった。

さて、江戸川CR。
ここからは追い風のはず。

後ろから押される感はそこまでではなかったが、荒川CRでの拷問のような修行に比べれば天国と地獄。

ケイデンスもスピードもぐんぐん上がっていく。

あっという間にポニーランドに到着。

c0047113_23393417.jpg


c0047113_23393457.jpg


2度目の休憩を入れ、そのまま旧江戸川を南下していくのでありました。

何だかんだこのぐらいの風ならば走らないよりは走った方が良いという結論に至りました。

今後も頑張って走ろうと思います。

c0047113_23393644.jpg

[PR]
by sin1_s | 2012-12-19 22:50 | Bicycle Room